【Defi】BSCSWAPのPLESALEPOOLから漂う終わりの始まりの時【仮想通貨】

こんにちは

EDGEマンだ。




Defiから発展したYield farmingですが、煮詰まってきたのか一部覗くと安定した利益を出すのは難しくなってきてるなと感じます。



egdefire.hateblo.jp


NARWHALSは頑張ってはいるものの、バフレートがいい感じに資金移動を動かしにくくしており(それが運営の狙いなのですが)、手をこまねいていると価格が崩落して利益は飛んでしまうでしょう。

trapehouseのほうは結局微妙な感じで撤退。



egdefire.hateblo.jp


良くも悪くも期待できるのはやはりこの記事で紹介したBSCSWAPでしょう。


記事から20日以上経過した今の状況は

・手数料50$未回収
・最終的に掘れたBSWAPは0.6枚(現状500$ちょい?)


USDTプールのAPYがかなり悲惨な数値になった(1000%→16%)影響で報酬が1日3ドル
までに低下し回収は困難を極め。
BSWAPのバーニングプールも半減期で報酬低下したのもあり、目標の1枚までは掘れず…


まぁオマケみたいなものなので別にいいんですが、ここにきてBSCSWAPが
PLESALEPOOLという新しいものを打ち出してきました。











高APYに釣られてお試しで色々少額投資して仕様確認したところ。
詳細はこんな感じ。

$BAI
ーUSDT、BUSD、DAIなどを組み合わせたLPトークン。組み合わせると、SWAPが安定して行えるらしい。Curveというの大手DefiDappのパクリ

$LFI
上のBAI関係のガバナンストークン? 用途不明


これらのトークンの流動性プールを確保するためにPLESALEPOOLを作ったと
集めたトークンは文字通り運営が売って資金を確保
代わりにアホみたいな高APYでトークンをバラまいているという感じです。

いやもうただの集金やん……


この他にもBSCSWAP運営は $CAKE $thugs(色々あって喧嘩中のためか、妙にAPY設定が高い)などのPLESALEPOOLを作っており、ぶっちゃげかなり見境ない状況です。



正直かなり悪い流れだな…という感想です。LPトークンを焼いて純粋な流動性を確保していたバーニングプールの時はまだしも、PLESALEPOOLはそういう仕組みが薄い突貫的な造りであることは否めず、異常なAPYは例のデーモンコアファームを思い起こさせます。



↓例のデーモンコアファーム
egdefire.hateblo.jp


解除は明日11月11日の15時から。おそらくかなりの投げ売りが予想されるので、
張り付きは必須でしょう。忙しくならないと良いのですが…


ただ上のAPYcenterと違って、運営側も全くの対策をしないというわけではないでしょうし、上手く耐えることを期待したいですね。


上手く価格が安定、色々用途が増えることを期待します。