【仮想通貨】BSCで注意すること-pancakeは基本売るもの【BNB】

こんにちは
EDGEMANだ

最近妙にBSCが流行ってますね。



なぜ急に流行ったかは正直よくわかりません。
国内だとPancakeのくじシステムが上手いと話題になったとか、イケハヤとか、パンケーキおじさんとか色々ありますが、とにかく明らかに普段みかけないような人を見かけます。

どちらにせよ。BSCはちょっとしたお祭り状態で、EDGEMANも数日でそこそこ稼ぐことができました。
稼いだ利益の一部をCAKEに変換(大体今1400ドルくらい)

というわけで悪い流れではないと思います。
何故なら本家ETHのDefiはガス代が異常に高騰し、ちょっと通貨を交換するのにも
1万近くとられる時もあるという状態で、お試しで使うのは難しい状況。

一方でBSCであれば高くで精々20円ちょい。更にAPYも本家Defiよりも高めです。
肝心のファームがあまりでてこないという最大のデメリットがありましたが、最近のお祭りモードのおかげでかなり数も出ているので、当たりを引くチャンスはたくさん転がっていることでしょう。(無論逆もありますが)


やり方などは、他の丁寧なサイトに任せるとして、あまり書かれてない注意点などを解説していきましょう。

インパーマネントロス(IP)の真の怖さ

※とあるDefiの一例です


多くの人はPancakeのFarmページのトークンペアリストを見てその破格なAPY(年利)に驚くことでしょう。
このAPYはTVL(Total Value Locked、ロックされた資産)、トークンの値段。
プールの設定など色んな要素によって決定されますが、基本的にはリスクの高いペアほどAPYが高く設定される傾向にあり、そのリスクの1つがインパーマネントロス(英:Impermanent Loss)。日本だと価格変動損失とよばれたり、インパーロスと略されたりします。名前の通り価格が変動することによる損失です。


egdefire.hateblo.jp



参考としてEDGEMANがインパーマネントロスで損失した例です。
やってることはレンディングに近いので何も知らないとこういった損失を受ける可能性は充分あります。

(ただしこれはUSDT単品でレバレッジをかけたことも影響しているので、通常運用でここまでの損失が出ることはそうないです)

例えばBUSD/USDTのペアはせいぜい20%-40%程度(それでも高い!)ですが、
BNB/USDTや、BTC/ETHなどは100%以上。謎コイン/謎コインとかだと更に高く設定されています。
これはBUSDやUSDTが$と連動するステーブル通貨で変動リスクがほぼないのに対し、BTCやETHは激しく値動きをする通貨のため、APYは高くなります。

メジャーな通貨でもこれなので、ましてや、ぽっと出の通貨なんて1日後には半額になったり、逆に数倍になるというのはザラのため、必然的にAPYは高くなります。(でないと誰も流動性提供してくれない)


ざっくりとまとめるとこんな感じです。


安全:USDT、BUSD、DAIなどの価格変動がないステーブル通貨同士のペア
IPリスクがほぼないまま報酬を傍受できるが、利率は低め


普通:ビットコインやメジャーアルトのペア、あるいは片方がステーブル通貨。IPリスクはあるが、酷い損失は稀。利率はまぁまぁ。


ハイリスク:最近できたような新興トークンのペア全て。ごく稀なケースを除き、長続きしない。


Defiである以上、新興トークンはファーミングで獲得できるトークンであることが多いです。そしてファーミングトークンは基本的にどんどん増えるので大体のトークンは値下がりします。 実際BSCの王者である$CAKEも一度は半額以下になったりしました。

そしてこの暴落とインパーマネントロスの合わせ技がヤバいのです。
これが高騰した場合は上がった分の金額ペアになっているトークンにプール内で交換されるため、単に新興トークンが減って辛い程度のリスクです。

しかし暴落した場合は、価値が下がった分、ペアの通貨から、交換し枚数を増やすことでプールを維持しようとします。


投資界には「ナンピンはダメ絶対」とか、「落ちてるナイフは拾うな」など有名な格言がありますが、流動性提供しているプール資産は勝手にこれらの金言を無視した行為を勝手に実行してしまいます。


そしてゴミと化した上に増えたトークンを皆我先に売ろうとして…という悪循環
に陥り、結果的に資産を減らすことになるわけです。

これを回避しつつ、儲けるにはそもそも暴落する前にLPトークンを引き抜く、値上がり目的で買ってみて、上がったら原資を抜いた上でファーミングするなど、迅速かつ判断力が求められることをしなければいけませんが、そんなん投機トレードと何も変わらないので正直オススメしません。(慣れれば楽しいですけどね)。


一番楽なのはBUSD/USDTなどの安定したペアで手数料報酬+ファーミングを行うことです。つまり$CAKEなどのファーミングトークンには一切手を付けずに全てタダで手に入れるということ。

あくまで$CAKEなどのトークンは、Pancake swapというコントラクトに
流動性を提供してくれた報酬というのが本質。


IFOやら、クジやらの要素はあくまで、$CAKEという報酬の価値を高めるために行っていることだと理解すれば冷静に向き合えるでしょう。


意外と長くなったので別の記事に続きます。



次記事
egdefire.hateblo.jp


関連記事
egdefire.hateblo.jp

egdefire.hateblo.jp

egdefire.hateblo.jp






質問箱作りました。
peing.net



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村