【BSC】RUG Pull(資産持ち逃げ)注意報。事例あり【仮想通貨】

こんにちは

EDGEMAだ
この記事が前回の記事の続きとなります。



egdefire.hateblo.jp





前回の記事は主にインパーマネントロスの注意点についてかきました。
要約すると$CAKE含めた新興トークンのペアでのファーミングはそのハイリスクさ故に高APYであり、タイミングによっては普通の暴落以上の損失を受ける可能性があるということ。

逆にいうBUSD/USDTやETH/BETHなどの同じ値段でペッグする通貨同士のペアであれば、これらのインパーロスの損失受けることなく、APY通りのトークンをファーミングを行うことができるのです。

この場合はAPYは落ちますが、仮にバブルが終了したことによって暴落に巻き込まれることなく比較的安定して稼ぐことができます。



beefy.finance


またペアや預けるDefi(Cefi)によっては上記のサイトから自動で複利を行ってくれます。(ただし0.05%-0.1%の出金手数料がかかる)
PancakeのBUSD/USDTやETH/BETHで稼いだ$CAKEをこのサイトで複利にするのはEDGEMANもよく行っています。


…さて、この安定ペアによるファーミング。別にPancakeでないとこも多数行っています。


あの悪名高いBSCSWAPでもBNB/BUSDペアでAPY300%でファーミングできたりしたし、最近ポンポンでてきている怪しいファームなんて、数日程度ならAPY1000%以上はザラです。

じゃあそれにガッツリ入れればいいじゃん最強! と思ったそこの貴方。間違ってません。実際初期のAPYは異常に高くなる傾向にあり、資金をたくさんつっこめばとんでもない速度で掘れることはよくあります。

……運営に持ち逃げされなければね


これが俗にいうRUG Pullです。


よくある手法としてはファーミングするために預けるLPトークンを運営にそのまま持ち逃げされ、プール内の資金を引き出せなくなるのが多いです。こうなるともうAPYもクソもなく、大損です。

以下RUG pullされた投資家たちの証言になります。

「multi financeとか言うトークンが5倍になって浮かれてたら、預けたトークン毎もっていかれた」 

___by某IT作業員

「TINというトークンを買ったらプール内にあった流動性(プール内資産)が殆ど抜かれて、ほぼ無価値な値段で損切させられた」

___by男性投資家


ハッカーによってicecreamにバイバインされ、そのトークンを叩き売られてプール資産を根こそぎ抜かれて死んでいた」

___byEDGEMAN


とまぁRUGと言っても多種多様な方法があり、どっちにせよFXでロスカットされたのと同じことが起こりえるわけですね。
(ちなみにこの体験談は全部私ですはい)



ninahaus.com


ちなみにRUG PULLされた場合の対処法として、上記のブログのようにコントラクトに直接引き出し要請をかける方法もあります。
しかし正直これを素人が行うのはかなりハードルは高く、大半は全て引き出された後なので実際これで取り戻すのは困難というかほぼ不可能でしょう。


RUGらないようにされる対策は…?


一回RUGられたら、取り戻すのはほぼ不可能なため、基本はRUGられないようにファームを見分ける必要なのがあるのですが…

正直ぱっと見ではわかりません。 プログラム的には、プールに干渉する鍵を運営が放棄している。トークンの数を変更できないようにしているのが
コードから読み取るのが良いのですが、そんなもん読めないし、そもそもコードが隠されてることも多い。


有名どころでさえ、コード監査されているところもまだ少ないので、判断するのは難しい。
そもそもそんなことを悠長に調べているうちに美味しいタイミングを逃してしまうので、やはり勇気を持っていくしかないことが多いです。


わかりやすい指標としては新しいDefiを見つけた場合はある程度Twitterなどで検索をかけ、有名どころであれば入るなどがわかりやすいです。
(例えばイ●ハヤが進めていたNYACASHは大本がNYANSWAPという昔からあるところのフォークプロジェクトのため、ほぼ大丈夫かと思います)


基本的にはpancakeなどよく知られたプロジェクトに預けるのが一番安定だと言えるでしょう。
ただ何度RUG pullを受けて尚、利益が出ていることからまさしく魔性の投資なのでやめられません。


興味のある方は自己責任で調べて参加してみましょう。まるで闇カジノをしているような感覚にとらわれるでしょう...(やったことないけど)


続くかもです。

質問箱作りました。
peing.net



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村