【仮想通貨】バブル相場でも全然幸せじゃない理由【Defi】

私は今仮想通貨界隈でバブルを体験しています。




勝つのが容易なバブル相場


BTCがめちゃくちゃ上がって資産が増えているのもあそうだが、何よりも明らかに新規が入ってきますね。
未だとやはりBSC(Binance Smart Chain)でしょう。


「パンケーキってどこで買うんですか?」

「LPトークンって今いくらなんですか?」

「これって怪しい案件じゃないんですか? pamcakeswapって法人どこですか?」


右も左もわからない投資家が増えるということはその市場は1歩段階を登ったということです。






EDGEMANもバブルそんなバブルの恩恵をめちゃくちゃ受けており、その1つがこれです。
BSCの王様トークン$CAKEにBSC黎明期の二番手である$BAKE

これ持ってた時はどっちも1ドル以下で、ファーミングでチマチマ掘ってたトークンだったんですが、10倍どころが20倍? 
途中からこれはやばいと思って一時期的に日々の利益でひたすらこの2つのトークンに替えていたらこうなりました。


総資産も去年は500万超えるか超えないのかくらいの曖昧なとこだったんですが、今は1000万普通に超えています。
とりあえず30歳までに1000万達成がこんなにも早く達成できてしまうとは…(税金もあるし、高騰による一時的な時価総額なので、ここから1000
万切るのは普通にあると思います)


しかし贅沢な悩みなんですが、全然浮かれる気分になれないというか。あんまり幸福感を感じていないんですよね。
精々あの偉そうにイキリたって喋ってるクソオヤジよりも稼いでるなぁ…と溜飲を下げるくらいで、基本的に盛り上がれば盛り上がるほど
焦燥感が募る。



終わりに怯える毎日


この相場ってRUG PULLで資産の殆どを持ってかれるみたいな高速道路で仁王立ちみたいな自滅行為をしない限りはみんな勝てていると
思います。でも誰も負けない相場はなく、いずれ誰かがババを引くんですよね。

これによる暴落からの下落相場もうほぼやってくると言っても過言ではなく覚悟はしてますが、問題はどの程度の規模で暴落で、どの程度で続くかです。仮にコインチェック後の1年に渡る氷河期がまた続いたとしても損を負うことはないでしょうが、それでもこれまで増えた資産は
日々溶けていくことでしょう。その時に冷静な判断ができるかなぁ…というと正直自信ないです。

私が仮想通貨の値上がりを利益として勘定しないのはそれが理由だったります。



毎日襲ってくるFomoによる後悔

バブル時というのは本当に…本当にあちこちにお金がゴロゴロ転がっており、以下に早く気づいて、それを掴むかが鍵となるわけです。
具体的に言うとチャートも最低限のプロダクトすら確認せずに買ったトークンが10倍になったということがよく起こる。

ほんの1時間や2時間情報を追っていなかったらいつの間にそんなトークンが出て終わっている時の後悔と言ったら…
まさにFOMO(取り残されることへの恐怖)ですね。しかしそんな恐怖にかられて買ったトークンに限ってRUGられて損だったりするのです。

一方で自分が触れなかったトークンが20倍になったりする。相対的な幸福というのは脆く儚い。


これ以上稼げることは一生ないかもしれない


一番はこれですね。かつて5万から始めて、1年で300万くらいまでためたのがピークだと思っていたので、
こうして2回目のバブルを迎えたのは本当に幸運だったと思います。

でも前はともかく、今の成績はバブルにしてはリザルトはよくないと思ってます。(むしろあの時の自分は60倍にできたんだろう…?)
だって、資産500万あるのだから私がもう少し上手ければ1億くらい達成できたかもしれないし、現に上手い人はそれくらい稼げてるでしょう。
そういう人たくさん見かけるし…

一回相場落ち着いちゃって思った以上に稼げなくなったら…と思うと今から不安。というか一回それで焦ってBSCSWAPにやられちゃったケースがありますので…


やられた例

egdefire.hateblo.jp


仮想通貨は好きなんですが、それでも投資はメンタル削られちゃいますね。
とは言え相場は私の意思とは関係なく動く。ちゃんとついていけるようにしないとなと思うEDGEMANでした(小並感)