仮想通貨まだ間に合いますか?(2021.04)

こんにちは
EDGEMANだ


2021年4月ですが、仮想通貨市場はまだ盛り上がっており、もはや何買っても上がるんじゃね?状態です。

セミリタイアブロガーは基本株クラが多く、仮に触っていても
懐疑的な人ばかりなイメージ。

つーかセミリタイアを掲げながら資産殆どが暗号資産なんて
気狂いは他に、いますかっていねーか、はは


しかし株クラ界でイケイケなテスラがイケイケで仮想通貨を
推してるのもあって、バブルとは違い、真剣に参入を考えている人も割と多いんじゃないでしょうか?

株に関しては、全くの素人。しかし仮想通貨ならある程度理解してるつもりなので、今回はトレードDefiNFTの3つに分けて見解を述べていきたいと思います。

トレード:利益を上げること自体はおそらく簡単


coinmarketcap.com


現在の仮想通貨の値段と時価総額ランキングが乗っているサイトです。


100位以内のお好きな通貨を買いましょう。地合いがよければなんでも上がります。


……いやマジで。
よくTwitterでBTCのチャート貼ってなんか言ってる人いるんですが、多分適当に通貨買ってる人とそんなにパフォーマンス変わんないと思うし、寧ろ損してる人のほうが多いんじゃないでしょうか?

これはトレーダーの腕どうこうではなく、今はひたすら仮想通貨市場に大量のお金が流入しているタイミングなので乗っかるだけで儲かるということですね。

テクニカルとかも仮想通貨で意識する人も少ないので
BTC以外はあんまり関係ないです。

猿がダーツをどこに投げようが大体当たり。それが今の状況です。しかしそれでもパフォーマンスは違ってくるため、

わからなかったら、今はBTC、ETH、DOT、BNB。あるいはそれに関連するトークンなどを適当に買えばいいと思います。

ただしこれはあくまでこの相場が続けばの話。
お祭り相場が終わり、2018年のように何買っても負ける悪夢のような相場になる可能性も充分に考えられます。

あの空気感の中で気を確かに持てていたか?というとEDGEマンは無理でした。

そういう意味でも単なるトレード、ガチホはおススメしません。

DeFiファーミング-変に冒険しなければ


暗号資産が大きく発展した要因その1。
バブル的な側面もあるものの、熱狂だけで上昇していた2017年と違い、それまでの常識を覆す
ようなプロダクトが沢山生まれました。

流動性提供(LP)、そこから発展したガバナンストークンの配布にイールドファーミングの仕組みは究極のプラスサムゲームであり、バブル崩壊以降、不毛なゼロサムゲームに陥っていた
暗号資産を文字通り覆したと言ってた良いでしょう。

プラスサムゲームゆえに比較的安定した運用方法でも脅威的な利率を叩き出すことが可能。

現行のDefiにおける安定運用における利率(APY)は10%前後である、それでもかなりマズい部類。 知らない人からすれば詐欺に思えるかもしれませんが、これは無難中の無難な運用であり、この界隈においてハイリスクというのは年利3万とか、年利30万とかそのレベルまで言って初めてハイリスクと言えるでしょう。

コードのバグや、ハッキングなどあるにはありますが、仮にそうなっても大体何とかなってる事例も多い。

現状やり得と言える投資だと思います。


ただし本命のETHDeFiはガス代の高騰などにより、小口は事実上参戦不可。


なのでガス代も安く利率が高いpancake swapがオススメですが、こちらはカウンターパーティーリスクも多く、敷居が高い故にかなり詐欺も多くなっている状況です。

若干落ち着いてる感じのあるBSCですが、
安定運用しやすく且つ利率も高めなのでオススメです。

このブログでもいくつか記事を作成してるので是非参考にして見てください


ファーミングトークンの役割について($CAKEは上手くいきすぎて更に上がりました)
egdefire.hateblo.jp



資産持ち逃げが多いです。最近は当たりも少ないのでおススメはしません。
egdefire.hateblo.jp


NFT:落ち着いてから入ったほうがいいかも

NFTに関しては…正直よくわかりません。
実はNFT自体はBCGというDappsゲームにおいてよく使われるERC721規格でマイクリが流行ってた頃はよく買っていました。

殆どがゲームで使われるもので当時はアセット(資産)なんて言われ方をしていました。
その頃は高いアセットほどそのゲームにおいてはものすごく強いという分かりやすい指標が
あったので判断がしやすかったのですが、NFTアートは…よくわかりませんw

100ETHで買われた!という派手な話を聞く一方で売り手がちゃんとついたという話をあまり聞かず、寧ろ売れずに塩漬けにされている投資家も多いのではないでしょうか?

昔はそれでも安いNFTを買って売ったり、ダッチオークション形式で安く手に入れたのを
やや格安で売るなどわかりやすい戦術がとれたのですが、NFTアートはイマイチそういうイメージが湧きにくいため、ひたすらエアドロをもらうだけで終わってしまいましたね。

正直NFT”アート”だとかなり難しいので、BCGや、DeFi初期にあった。預けることでファーミング効率をブーストできる役割など、もう少し具体的な用途が出た時でも間に合うかなぁ…
と思っています。

続けることが大事


色々言いましたが、「今は」なんだかんだ上手くいくことのほうがいいでしょう。
いい意味で常識も覆るし、仮想通貨以外の投資においても動じないメンタル(10%下落? こっちは50%下落はまぁまぁあるけど? みたいな)もつくと思います。


今仮想通貨で儲けている人と言うのは、投資センスがあったわけではなく、単にそこで居続けた人だと思います。


2018年から2020年の間にたくさんの投資家が仮想通貨から離れていきました。
仮想通貨をなかったものとして振舞ったり、そもそもアカウント消したり、

イケイケだったインフルエンサーが変なマルチやサロンを勧めるようになったなんて珍しくありませんでした。(しれっとなかったことにして今識者ぶってるカスも多いけど)

それでも生き残った人たちがひたすら恩恵を受けているというのが今の時期でしょう。
残念ながらいずれ仮想通貨投資のパフォーマンスが落ちるタイミングというのはいつか来ます。2年間泣かず飛ばずって結構キツイです。

でもそういう時にこそ、今後仮想通貨で上手く利益を出せるかというのを試されるかと思います。

EDGEマンも仮想通貨でセミリタイアを目指す者としてこれからも生き残れるように頑張ります…!